近鉄特急専用車両のサニタリーシステムは、「ビスタカー1世」の工事に着手。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両(NKTF)」から近鉄特急専用車両のサニタリーシステムについて、2本目は「名列車列伝特集」の「有明」編ではなく、「今の社会はどこへ向かう?」の記事に差し替えます。

最初の記事は「3:新近畿車両(NKTF)」から近鉄特急専用車両のサニタリーシステムについて、イメージ 2
近鉄特急専用車両のサニタリーシステムは「ビスタカー1世」の工事に入ることになりました。こちらも、サニタリーシステムの導入工事は「サニーカー」のシステムを導入することになります。

主に、先頭車両と中間車両の一部にそのサニタリーシステムを導入するので、その部分のトイレドアの設置工事と、システム改良工事を同時に行う予定ですので、頑張ります。

続いては、スクリーンショットがないのですが、
h261w_oz.png12000_1.png
この二つの画像からわかると思いますが、架空特急気動車265系の製作についてです。外装建造の製作を引き続き、行っております。
とにかく、現在は、外装を製作することに集中します。

ということで、報告は以上となります。それでは。


"近鉄特急専用車両のサニタリーシステムは、「ビスタカー1世」の工事に着手。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント