湯の山、雪の旅路 08

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「湯の山、雪の旅路」の第8回です。

DSC00085.JPG
さて、私を乗せた松阪駅行急行は、津駅に無事到着しました。
DSC00086.JPG
実は、津駅に到着しましたが、21000系の名古屋駅行特急(乙特急か甲特急?)が、停車中です。そこから、三重県立博物館の企画展に参加しました。実は、津駅から三重交通バスで、三重県立博物館に向かうのですが、時間が合わなかったのか、バスがないため、歩くことにしました。
DSC00087.JPG
さっそく、出迎えてくれたのが、スバル450型で、この車が街中を走っていた時代があったということですが、それが博物館で見ることが、
この奥は、ミゼットがいますよね。
DSC00088.JPG
こちらがパンフレットです。当時の雰囲気が伝わりますね。華やかな雰囲気がありますね。
DSC00091.JPG
さて、このオート三輪「ミゼット」ですが、昭和30年代の映画、テレビで出てくることもあるので、
DSC00092.JPG
その色変えバージョンもあったみたいですね。
DSC00097.JPG
近鉄名古屋線の改軌工事が行われた様子を、上映時間40分にまとめた映像資料が残っておりました。最近では、いろいろ多くのDVDで、映像化されているため、見る方も多いと思いますが、この映画はその大本といえます。すべて、流したいのですが、さすがに無理がありそうですね。
DSC00118.JPG
実は、ウェブサイトでも紹介されている画像が並んでますね。2200型系統ですね。
DSC00119.JPG
DSC00120.JPG
こちらは、6421系と6431系ですね。
DSC00121.JPG
10000系初代ビスタカーの画像です。やはり、この名古屋線改軌のシンボルカーとして登場するのは、
DSC00122.JPG
10100系ビスタカー2世ですね。デビュー当時から最晩年の3重連まで網羅されておりました。やはり、三重県の交通史を語るうえで、欠かせない存在だったわけですね。

そんなわけで、この後は、大阪に戻るのですが、その前に。
DSC00123.JPG
修学旅行専用車両20100系の画像でお別れになりそうです。

<<<PREVIEW 07                        NEXT 09>>> 

"湯の山、雪の旅路 08" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント