これから

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなります。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きとなりますけど、ネタはこちらとなります。ネタとしては、近鉄80000系「ひのとり」のことですが、これを生かした架空車両の製作を検討しております。 どういう車両になるかは、分かりませんが、頑張ります。 と言うことで、それで…

続きを読むread more

2021年01月19日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之そういえば、「ゆうづる」にもこういった列車がいたとかいなかったとか…。 https://t.co/yizDWajiKq at 01/19 22:18 4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『近鉄無塗装車両90年代版の製作…

続きを読むread more

近鉄無塗装車両90年代版の製作を続けます。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化90年代版と、幻想郷鉄道3000系などの情報がメインとなります。2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化90年代版についてです。まず、8…

続きを読むread more

なんだかんだ。

本日の話題の2本目は「日常」から、日記と最初の記事の続きとなります。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きとなりますけど、ネタはこちらとなります。実は、新型車の計画をしております。実は、ハイブリッド車両の製作を検討している所です。系統としては、クロスカントリーブランドとして、製作する予定として考えております。 と言うことで、そ…

続きを読むread more

近鉄通勤車両の無塗装化90年代版ですが…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化90年代版と幻想郷鉄道3000系について、2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化90年代版についてです。すいません。全然進んでいません…

続きを読むread more

あとは...。

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなります。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きとなりますけど、ネタはこちらとなります。近鉄80000系「ひのとり」です。今回は複数のモデリングを多用する形を使用せず、角張った形に戻そうと考えているところです。 それと、幻想郷鉄道3000系については、そのまま、製作を続…

続きを読むread more

2021年01月17日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『昭和の生き証人にして、近代史編纂の第一人者』”新”青森駅行日本海3号ブログ|https://t.co/ebw4d5Pv90 at 01/17 16:13 4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『近鉄通勤車両の無塗装化9…

続きを読むread more

近鉄通勤車両の無塗装化90年代版は…本格製作に向けて準備を本格化、幻想郷鉄道3000系は幕の製作を急ぐなり。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化90年代版と、幻想郷鉄道3000系について、2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化90年代版と幻想郷鉄道3000系の話です。近鉄通勤車…

続きを読むread more

昭和の生き証人にして、近代史編纂の第一人者

本日の話題の2本目は「今の社会はどこへ行く」の記事ですが、今回のテーマは非常に重いテーマです。 私が今回のタイトルとした「昭和の生き証人にして、近代史編纂の第一人者」というのは、昨週暮れにお亡くなりになられた半藤一利さんのことです。実は、私は映画で『日本のいちばん長い日』という作品で、昭和の転換点となった「終戦の日」直前の攻防戦を見て…

続きを読むread more

近鉄通勤車両の無塗装化90年代版と、幻想郷鉄道3000系製作を同時並行で行っていますが…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化90年代版の製作と、幻想郷鉄道3000系の製作について、2本目は「今の社会はどこへ行く」の記事から、昭和死を見つめた半藤一利さんのことをお話しようと思います。 最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)…

続きを読むread more