何とかして...やってみましょうか?

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなります。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きとなりますけど、ネタはこちらをです。ED710型についてです。こちらも徐々に製作に関しての設計図の作成に動きます。基本的には、ED75型電気機関車の寸法を踏襲して製作する予定です。 と言うことで、それでは。

続きを読むread more

2020年03月24日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『近鉄特急専用車両のサニタリーシステムですが、「プルマンエクスプレス」へ。』”新”青森駅行日本海3号ブログ|https://t.co/QGu1vQ4Utg at 03/24 22:39 4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両のサニタリーシステムですが、「プルマンエクスプレス」へ。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両(NKTF)」から近鉄特急専用車両のサニタリーシステムについて、2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は近鉄特急専用車両のサニタリーシステムですが、ついに、近鉄特急31000系の「プルマンエクスプレス」のサニタリーシステムの導入工事を行っているところで…

続きを読むread more

コンパートメントはどう造る?

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなります。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きですけど、ネタは昨日に続けて架空特急専用気動車265系です。コンパートメント車両ですけど、「プルマンエクスプレス」から考えております。実は、セミコンパートメントと、コンパートメントを組み合わせているからです。まあ、何とか製作…

続きを読むread more

2020年03月23日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『近鉄特急専用車両のサニタリーシステムは、ビスタカー2世のサニタリーシステムの導入工事が完了(はやっ!)』”新”青森駅行日本海3号ブログ|https://t.co/nAJCAnz425 at 03/23 22:53 4001Nihonkai3 / Rai…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両のサニタリーシステムは、ビスタカー2世のサニタリーシステムの導入工事が完了(はやっ!)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両(NKTF)」から近鉄特急専用車両のサニタリーシステムについて、2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は「3:新近畿車両(NKTF)」から近鉄特急専用車両のサニタリーシステムについてですが、実は、近鉄特急専用車両のサニタリーシステムの導入工事は、「ビス…

続きを読むread more

ただ、...。

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなります。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きとなりますけど、ネタは架空特急専用気動車265系のもうひとつのバージョンについてです。実は、国際特急として、前々に製作していたバージョンでは、「北海」を選んでいたのですが、今回はアイヌにちなみ、「ワッカ」の名称に変更して対応…

続きを読むread more

2020年03月22日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『近鉄特急専用車両のサニタリーシステムですが、リニューアル編成はビスタNEXTへ。』”新”青森駅行日本海3号ブログ|https://t.co/MlSfmXoB0y at 03/22 10:39 4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両のサニタリーシステムですが、リニューアル編成が終了。続いては…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両(NKTF)」から近鉄特急専用車両のサニタリーシステムについて、2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は「3:新近畿車両(NKTF)」から近鉄特急専用車両のサニタリーシステムについてですが、近鉄特急専用車両のサニタリーシステムですが、リニューアル編成の…

続きを読むread more

晩秋の明日香、壷阪寺へ奇跡と愛の旅 03

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「晩秋の明日香、壷阪寺へ奇跡と愛の旅」の第3回ですが、画像は、橿原神宮前駅を過ぎて、飛鳥駅を目指し、飛鳥駅に到着したところから始めます。 で、「しょっぱなの画像がこれかよ…(^^;」と思われた方もいらっしゃると思いますが、ついついとってしまいたくなります。実は、この場所は、飛鳥駅の駅前を歩…

続きを読むread more