近鉄12400系のサニタリーシステム導入工事は大詰め。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムについて、2本目は「名列車列伝特集」の「あかつき」編です。 さて、最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から、近鉄特急のサニタリーシステムについてです。ついに、12400系のサニタリーシステム…

続きを読むread more

金毘羅山へ祈りと撮影旅 09

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」の第9回です。 さて、金毘羅山の内部に入っている私とS氏ですが、まだまだ、本殿には入っていませんが、この金毘羅山の中腹にあるのが金刀比羅宮があるわけですが、この門の先にある場所ですが、実際にどういう場所だったのか、こんな感じでした。実は、中央に見えるのが、讃岐富士と呼ば…

続きを読むread more

近鉄12400系ですが、クとサ系統を2種類に増やします。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムに12400系について、2本目は「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」のお話です。 最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムについてです。最終的には、2…

続きを読むread more

新しいのかな?

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなっております。 本日もハードでした。寒いですね。雪が降っているところもあるかもしれませんね。 さて、最初の記事の続きのネタは、架空特急気動車265系のことですが、号車に関してのピクトグラムを採用するべきかどうかの検討に入っています。国際列車関係から、文字だけでは伝わりにくい…

続きを読むread more

近鉄12400系サニーカーのサニタリーシステムの導入工事は、サ12550型の製作が順調に推移。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの続報をお届けします。2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」からですが、12400系のおはなしですが。12400系のサ12550型に導入していますが、何と…

続きを読むread more

そうですね。

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなっております。 本日もハード、腰が急に痛みだしたこの頃です。さて、最初の記事の続きですけど、今回のネタはこちらです。実は、仮出力で出したのですか、シャワールームのドアなどのサニタリーシステムの課題をどう克服するか、議論を重ねております。 どうするのかは、まだわかりませんが、…

続きを読むread more

近鉄特急のサニタリーシステムについて、さっそく導入開始へ。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムについて、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」からですが、一つお詫びがあります。近鉄特急のサニタリーシステムで、スナックカーの12200系、サ12120型…

続きを読むread more

まあ、賢く?

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなっております。 本日もハードでした。寒くなってきましたね。さて、最初の記事の続きは、こちらです。架空通勤気動車237系の製作再開時期が、未定の状態でどうするのか、話し合っている状態です。 年明けとなるのは、間違いない状況ですが、頑張ります(*^-^)。 と言うことで、それ…

続きを読むread more

近鉄特急のサニタリーシステムは、12400系から…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムについて、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は近鉄特急のサニタリーシステムについてです。12400系から始まるということになりそうです。対象は、サ12550型とク12500型となります。1240…

続きを読むread more

真逆?

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなっております。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きですけど、こちらのことですが、国際特急使用の車両と共に、フェリーの製作も検討しております。今回初の試みで、鉄道車両と言う形で、製作する予定としております。 と言うことで、それでは。

続きを読むread more