近鉄通勤車両の無塗装化について1980年代版の製作を開始。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、1980年代車両について、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から、新年会のお話です。 最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、1980年代デザイン車両の無塗装化を開始しました。1980年代の無塗装版車両の製作を開始しまし…

続きを読むread more

2021年01月02日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『最悪の状態を脱出せよ!』”新”青森駅行日本海3号ブログ|https://t.co/kiLWss4tlx at 01/02 21:42 4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之@524koki @524koki さん。 す…

続きを読むread more

最悪の状態を脱出せよ!

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ行く」の記事としました。 実は、新型コロナウイルスの感染状況がかなりのスピードで悪化してきております。感染者数は、大みそかに東京都だけで1000人を大幅に超えて、1337人に上り、正月三が日でも800人越えしており、まさに感染スピードが減速しないではなく、加速している状況になっております。 た…

続きを読むread more

近鉄通勤車両の無塗装化は、解体新書的な書類が完成。あとは1980年代版の製作へ。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化について、2本目は「今の社会はどこへ行く」の記事とします。 最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化についてです。さて、1960年代版と1970年代版の車両についてですが…

続きを読むread more

2021年01月01日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『新年なのに…めちゃくちゃです。』”新”青森駅行日本海3号ブログ|https://t.co/5JHADSYJjg at 01/01 23:33 4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『2020年12月31日のつぶやき』”…

続きを読むread more

新年なのに…めちゃくちゃです。

本日の話題の2本目は、「日常」からです。 さて、何もないのですけど…、実際に自粛がなされておりますが、その自粛期間中で、昨年の大みそかの東京では1400人近くの感染者が、出ております。 それは、崩壊を意味するのか、どうなのかはわかりませんね。 ということで、それでは。

続きを読むread more

近鉄通勤車両の無塗装化ですが、1960年代偏と1970年代偏のデザイン車両のシステムも改修完了。あとは説明書だけで…

皆様、新年あけましておめでとうございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化についてです。 さて、無塗装車両についてですが、現在システムが完了しまして、説明書も6割を完成させております。あとは、幕製作の手順に関しての説明について記載する作業を行っております。 これ…

続きを読むread more

2020年12月31日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『真夏の鈴鹿線に乗り込んで…。12』”新”青森駅行日本海3号ブログ|https://t.co/JrFeW7zQem at 12/31 22:03 4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『近鉄通勤車両の無塗装化は、説明書も…

続きを読むread more

真夏の鈴鹿線に乗り込んで…。12

本日の話題の2本目は「鉄タビ」から、最終回となる動画回となります。 本年の旅では、動画を撮っていますが、それのみで、今回の記事を作ってみます。しかし、こうしてみると、動画の解説は難しいですね。実際に、何度か動画を上げている中では、難しいですね。まあ、走行音がするデッキ側に行くのですが、これも、なんとかできたらいいのですが…。まあ、いろ…

続きを読むread more

近鉄通勤車両の無塗装化は、説明書も同時製作中です。

皆様おはようございます。ではなく、こんにちわ。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化について、2本目は「鉄タビ」本編最後の記事で、動画回となります。 最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両の無塗装化についてです。現在、システム改変とともに、…

続きを読むread more