ラベル:その他人文科学

タイトル:『紅巾』軍との対決 33

一美の体力などが元に戻っても、一美は人事探索を続けていた。もう時間がないと一美は考えていたのである。それは自分の命ではなく、この土地が他の勢力に入り込むのではないかという焦りそのものがあったのである。だから一美は人材を多くかき集めていたのであった。 一美は、夜も街中を歩き回っていた。月は11月には言っていて、もうそろそろ、年末が近づくこ…

続きを読むread more

もっと見る