ラベル:その他政界と政治活動

「沈まぬ太陽」とJALと国交省と…

映画「沈まぬ太陽」、日本の航空行政を痛烈に批判した作品だ。その中で何度も取り上げられたのが今から24年も前の御巣鷹山墜落事故のことである。 当時の状況を詳しく調べた作者の山崎豊子氏の視線が、映画を通して迫ってくるという感じである。それから24年、日本航空は経営難という危機に立たされている。日本の99ある空港に必ず乗り入れるJALの赤い飛…

続きを読むread more

もっと見る