ラベル:小説

タイトル:広州迎撃戦 20

ところで、そんな中で、世界情勢から取り残された国家があった。それは、日本と琉球の事である。この日本と琉球は、この当時から、海上封鎖をしていたのである。これは、中華の騒乱の影響を被らないためにも、両国が協議を行って、今回の議決に至ったのだと言うのである。 そして、それによって影響を受けたのは、東南アジア諸国であった。とくに大打撃を受けた国…

続きを読むread more

タイトル:広州迎撃戦 19

どちらが、弓を引くか…、それが問題となっていた。だが、一美たちは、それ以外の道を探していた。つまりは、弁舌に長けた人材を登用しなければならない。 これから、そのような人物が、果たしているのかどうか、一美は考えていた。それより、大事な事を忘れているような…。ふと思い立つと、穂積に渡したあの手紙が気にかかっていた。そのころ穂積は…。 穂積自…

続きを読むread more

タイトル:広州迎撃戦 18

そのころ、『大波』軍は、まだ南下をつづけていた。それにしても、どうしてか進軍が遅い。これに疑問を感じていたのは、川添環ぐらいであったかもしれない。 だが、多くの将兵が気づかない中で、一美の陣地に踏み込む、しかし、本当のところは、だれが敵なのか分からなくなっている中で、本当に、一美は敵になったのだろうか、だれが定義づけたのだろうか。それを…

続きを読むread more

タイトル:広州迎撃戦 17

そんな夜に、広州一帯で多くの人々が不可思議な現象を目撃している。夜中に入って、広州コロニーを無数の黄金で光る龍が飛んでいたという話であった。この話は、次のようなものである。 一美が居住する地域、つまりダウンタウンから、多くの龍が放たれて、そして、四神の方角に行ったのだが、四神の地点が、宇宙ではどうなっているのか、それについての定義が定ま…

続きを読むread more

タイトル:広州迎撃戦 16

その卵を見つつ、一美に穂積は尋ねた。 「今すぐというわけではないのですか?」 と、それに、一美は首を振らず、頷きもしない。 「姉上…。」 黙ったままの一美に、穂積は姉の心のうちを察さずにはいられなかった。本当は、こんな惨い事をさせたくないと、案に語っているようだった。 そのあとは、2人の間に言葉はなかった。 「この卵を、どうするのか聞き…

続きを読むread more

タイトル:広州迎撃戦 15

家臣たちの話が、一美の父である武彦の耳にも入っていた。 「一美は、自らを犠牲にしてまで、己の信じる道を貫くと言う事だと思わぬかね。」 と武彦は、家臣たちに漏らす。 確かに、己の信じる道を貫くのは、いかに厳しいのかをそれは一美にも分かっているはずである。それではなく、一美の考えている事は他にあるのではないか、武彦は一美が如何にして、広州を…

続きを読むread more

もっと見る